二次相続って何ですか?

二次相続って何ですか?

被相続人が亡くなり、遺産相続が始まった際には誰もが大変な思いをしてしまうことがほとんどです。しかし、ここで遺産相続がスムーズに行われるケースもあり、そのために生前から様々な対策をしている人も増えてきています。そのため、遺産相続問題について以前に比べると近年ではトラブルが多少少なくなってはきているものの、二次相続が発生してしまうと、それまではスムーズだった親族との関係やスムーズに執り行われた相続協議などが覆されてしまうこともあります。

 

もちろん覆されると言っても、一度協議を行いしっかりと協議書を作成していればこの遺産相続については整理できているものになりますが、二次相続が発生した場合、最初の遺産相続で相続人となった立場の人は他の相続人などからトラブルを持ち込まれてしまうケースがあります。またここで家族内にヒビが入ってしまうこともあるので気をつけなくてはなりません。さて二次相続というのは、たとえばここでのAさんと言う被相続人とご家族があったとしましょう。
Aさんがご主人で配偶者がおり、子供が2人というご家族の場合、Aさんが亡くなった際には配偶者である奥様と子供2人が法定相続人となり、Aさんの遺産を分与することになります。

 

ここまでは本当にスムーズな状態で進んでいくケースもありますが、ここで配偶者である奥様が亡くなってしまった場合には、子供を含めてその他相続人が揉めてしまうケースがあります。奥様が亡くなる前の段階でAさんからの相続を受けていますから、奥様の財産としてもある程度まとまったお金や土地などが残っている可能性が高いと言えます。この場合子供2人の中で上手に財産分与が行われれば特に問題はありませんが、奥様のご親族等が遺産相続問題に口を出してきた場合には、奥様が亡くなった時点で所持している遺産について大きなトラブルになってしまうことが考えられます。

 

このような二次相続でのトラブルを防ぐためには、Aさんの遺産相続が解決した段階で奥様はご主人から引き継いだ自分の財産について、分与割合などを決めるための遺言書を作成しておくのが1番の最善策となります。

 

被相続人が亡くなり、遺産相続が始まった際には誰もが大変な思いをしてしまうことがほとんどです。
しかし、ここで遺産相続がスムーズに行われるケースもあり、そのために生前から様々な対策をしている人も増えてきています。
そのため、遺産相続問題について以前に比べると近年ではトラブルが多少少なくなってはきているものの、二次相続が発生してしまうと、それまではスムーズだった親族との関係やスムーズに執り行われた相続協議などが覆されてしまうこともあります。

 

もちろん覆されると言っても、一度協議を行いしっかりと協議書を作成していればこの遺産相続については整理できているものになりますが、二次相続が発生した場合、最初の遺産相続で相続人となった立場の人は他の相続人などからトラブルを持ち込まれてしまうケースがあります。
またここで家族内にヒビが入ってしまうこともあるので気をつけなくてはなりません。
さて二次相続というのは、たとえばここでのAさんと言う被相続人とご家族があったとしましょう。
Aさんがご主人で配偶者がおり、子供が2人というご家族の場合、Aさんが亡くなった際には配偶者である奥様と子供2人が法定相続人となり、Aさんの遺産を分与することになります。

 

ここまでは本当にスムーズな状態で進んでいくケースもありますが、ここで配偶者である奥様が亡くなってしまった場合には、子供を含めてその他相続人が揉めてしまうケースがあります。
奥様が亡くなる前の段階でAさんからの相続を受けていますから、奥様の財産としてもある程度まとまったお金や土地などが残っている可能性が高いと言えます。
この場合子供2人の中で上手に財産分与が行われれば特に問題はありませんが、奥様のご親族等が遺産相続問題に口を出してきた場合には、奥様が亡くなった時点で所持している遺産について大きなトラブルになってしまうことが考えられます。

このような二次相続でのトラブルを防ぐためには、Aさんの遺産相続が解決した段階で奥様はご主人から引き継いだ自分の財産について、分与割合などを決めるための遺言書を作成しておくのが1番の最善策となります。