海外の仮差押え請求の例

海外の仮差押え請求の例

訴訟が提起された後裁判所の債務判決が下される前に債務者が資産を使ったり、隠蔽の可能性があると判断された時は、債権者は債務判決が下される前にたとえ一時的であり、また、主な請求金額に限定されるが、差し押さえ令状を取ることが出来ます。

 

差し押さえ令状は金銭請求訴訟で商業債権者が最終判決前に債務者の保有財産に法的留置権を作る役割があります。債権者は金銭を回復できる主要な財産にだけ差し押さえ法規を遵守して、保全するという明白な主張が共に提示されなければなりません。

 

差し押さえの主な目的は、債務者の財産のうち差し押さえ可能な財産に対する司法留置権を作ることであるから、裁判所の最終的債務判決が執行されるように原告に法的優先順位を保護することがあります。

 

法的留置権を設定しない時債権者は、債務者の財産にすでに賦課されている他の司法留置権に従属する危険に直面することになるので、他の優先順位留置権に効果的に対処できなければこのような後続措置の実質的な効力がなくなってしまいます。

 

差し押さえ法規は厳格なので法規を遵守しない差し押さえ手続きは裁判所が命令できないという点も重要です。参考で判決前差し押さえは小額請求訴訟(small claim)には該当せず、一般的に次のような金銭請求訴訟で可能です。

 

・明示的でも暗黙的でも契約書が存在する金銭請求訴訟(適切な契約書が存在しなくてもある種の補償が要求される場合には差し押さえ可能)
・少なくとも$500以上である金銭訴訟
・担保または、無担保個人財産
・商業的請求訴訟

 

判決前差し押さえは原告に被告の債務金額と法廷費用および弁護士費用をあらかじめ確保することができる保障性があるが、カリフォルニア訴訟ではカリフォルニア州内にある財産にだけ差し押さえ可能なのでカリフォルニア州の外にある被告の財産は差し押さえることができません。

 

また、個人名義の財産のうちでも特定財産は差し押さえ対象から除外されて法人、パートナーシップ、企業などは差し押さえ対象からは除外されます。