アメリカ市民権システム

アメリカ市民権システム

 

今年アメリカ独立記念日237周年を迎えて記念週間である7月1日と5日間に海外とアメリカ全域、特に歴史的な場所での宣誓式を含んだ100ヶ所余りで7,800人ほどの新しい帰化アメリカ市民権者が誕生しました。また、7月から移民局は新しいデザインの市民権証書を発行し始めました。最先端の技術で変調と偽造を防止して迅速で正確な市民権証書を印刷して発行することになりました。

 

この改善はセキュリティーを強化して移民システムを向上させるためのUSCISの持続的な努力の一環です。冒頭に言及差し上げた通り市民権宣誓式が海外でも挙行されるといいました。海外駐留米軍の配偶者と子供は、アメリカに帰ってこずとも海外基地で市民権を申し込んで宣誓して市民権を受けることができるだけでなく、子供は該当にならないが配偶者の場合は急行で進めて、はやい期間内に市民権を受けることができる制度があるためです。

 

アメリカ国防法は海外居住資格を備えた米軍の配偶者が海外駐留米軍の居住地資格を備えた時、市民権申請時にアメリカに帰ってこずとも申請をすることができるようにしています。

 

米軍配偶者がこの恩恵を受けようとするならまず現在18才以上で市民権申込書提出時点に3年以上アメリカに滞留した永住権者で、海外駐留命令を受けた米軍配偶者を伴って海外居住をしていなければなりません。

 

米軍子供の帰化は過去にアメリカ内に合法的状態を維持してきた18才未満で、市民権者子供で自動で市民権を与えられるケースに該当しない子供で、アメリカに戻らないで海外で市民権を申請できるが配偶者場合のように急行手続きはできません。

 

米軍両親が死亡したとすれば死亡後5年の間生存した市民権者両親やあるいは市民権者祖父母またはLegal Guardianが代って帰化申請をすることもできてより詳細な規定と申請方法は移民局ウェブサイトでNaturalization Abroadを検索すれば調べてみることができます。